スポンサーサイト

  • 2011.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ヒント:徳政令

南三陸町長が政府に徳政令の申し入れって!

マジで!

生きてるうちに桃鉄以外でこの言葉を目にするとは思わなかった―!


だれか私のクレジット現金化で作った債務も徳政令にしてくれないかな。

「植林ツアー」が人気 楽しみながら環境に貢献(産経新聞)

 森の緑が濃さを増す季節になり、各地で盛んに行われている植林・植樹活動。こうした地を訪ねる植林ツアーが今、人気だ。環境への関心の高まりとともに、個人や家族のほか、グループや企業単位で参加できるツアーもあり、自分の興味やライフスタイルに合った参加が可能。緑を増やし、二酸化炭素(CO2)を減らす取り組みに一歩踏み出す機会にもなりそうだ。(太田浩信)

 ◆入浴付きは完売

 JR東日本は平成16年から、「ふるさとの森づくり」と題した植樹ツアーを商品化している。同社は線路を自然災害から守る鉄道林整備を行っており、そのノウハウを地域の森林整備に傾注。井上宏和・経営企画部課長は「地域に密着した鉄道会社として、地域や多くの人の参加を得て一緒に森をつくっていきたい」と狙いを話す。

 同社は昨年までの6年間、福島県の安達太良地域(大玉村、二本松市)の国有林計9・4ヘクタールに約9万5千本の苗木を植えた。1年目は約600人だったツアー参加者が昨年は3倍の約1800人にまで増加。「リピーターも多いが、初めての植林体験に『すごく楽しい』という声をいただいた」と井上課長。

 今年からは新潟県津南町の町有林3・5ヘクタールに植林の場所を移し、2年間でミズナラやコナラ、カツラなど16種類約3万5千本の苗を植える計画。今月26日の実施分は4月下旬に募集を開始したが、温泉入浴券をセットした分は既に完売するほどの人気だ。現地では、森づくりの国際的権威である宮脇昭・横浜国大名誉教授の指導を受け、約1時間にわたり植樹作業を行う。

 ◆メッセージを発信

 NPO法人「とちぎ生涯学習研究会」は平成18年から、カーボンオフセットツアーに取り組んでいる。宇都宮大の学生らでつくる同法人は、足尾鉱毒事件の舞台ともなった栃木県日光市足尾地区でツキノワグマなどの野生動植物観察会を実施。移動の際に排出するCO2を参加者自身が植樹し、相殺する仕組みだ。

 足尾地区は今も広い範囲で緑が失われた状態が続く。はげ山に参加者がカエデやミズナラなど、周辺で採取された種子から育てられた苗木を植える。同法人の柴田法幸代表は「足尾という地域で植樹活動を行うことで、環境、社会に対してメッセージを伝えることができる。そこにツアーの意味を見いだしてほしい」と話す。

 これまでの参加者は約500人。商工団体や企業単位での参加のほか、旅行会社がツアー設定を依頼してくるケースもある。「植樹を行った参加者は改めて自然環境の大切さを実感している」と柴田代表。ツアーのサポートをする学生たちの環境に対する意識も大きく成長しているという。

                   ◇

 ■交通費込み、現地集合…さまざまなコース

 JR東日本が26日に実施する「信濃川ふるさとの森づくり」は、日帰りコースが東京駅発着で大人1万1500円(昼食付き)。問い合わせはびゅう予約センター(電)0570・04・8928。とちぎ生涯学習研究会のツアーは4〜10月に随時実施。4人から予約を受け付けており、10日前までに申し込む。料金は参加人数によって1人当たり1500〜8千円程度。問い合わせは同研究会(電)028・633・0805。

 このほか、旅行会社によるツアー、CSR(企業の社会的責任)の一環として森林保護活動を展開する企業が一般にボランティアを募集するケースもある。

志位共産委員長「菅首相は中身は支持されていない」 脱小沢の演出だけ(産経新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)
<陸自隊員暴行死訴訟>両親と国和解成立 東京高裁で(毎日新聞)
官僚大バカ→知識と経験生かす…菅さん変心(読売新聞)
PKO強化、ODA増額を=菅新内閣に要望―元国連次長(時事通信)

弁護士か?法律事務所で男性刺され重傷/横浜(カナロコ)

 2日午後2時40分ごろ、横浜市中区太田町1丁目の法律事務所で、弁護士とみられる男性が、男に刃物で刺された、と110番通報があった。男性は重傷。男は30歳ぐらいとみられ、加賀町署が傷害容疑で捜査している。

 現場は関内駅から南東約500メートルのオフィス街の一角。

【関連記事】
弁護士事務所で男性刺される/横浜
男性が切られて重傷、商談中に切り付けられる/横浜
タクシー会社に男が押し入って逃走/横浜
300万円入り紙袋ひったくられる/横浜
「棒で殴られた」、男性が頭の骨折る重傷/相模原

歯の知覚過敏 原因の「酸蝕歯」食事で予防を(産経新聞)
樽床氏、普天間「鳩山首相の考え受け止める」(産経新聞)
交通切符560枚盗まれる…違反者の情報記載(読売新聞)
全国で30人追加提訴=原告、首相辞任に「困惑」―B型肝炎訴訟(時事通信)
園児が正しい歯磨き学ぶ 足立区の保育園で「いい歯チャレンジ教室」(産経新聞)

内閣不信任に同調も=福島社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は31日午前、民放のテレビ番組に出演し、野党が内閣不信任決議案を提出した場合の対応について「党内で議論するが、辺野古の海(米軍普天間飛行場移設)の件では国民の信任は得られない」と述べ、同調もあり得るとの考えを示した。 

本四高速料金「現時点で見直さず」=首相の「理解」発言に―前原国交相(時事通信)
角川春樹氏、俳句結社誌の電子書籍版配信へ(読売新聞)
<マラソン>佐藤、加納ら男女各2人を代表選出 アジア大会
<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)
<普天間移設>民主も首相批判噴出 小沢氏沈黙、助け舟なし(毎日新聞)

農家補償案、きょう午後提示=同意得られればワクチン接種―農水相(時事通信)

 宮崎県で被害が広がっている口蹄(こうてい)疫問題で、赤松広隆農林水産相は21日の閣議後記者会見で、ワクチン接種に伴う農家への具体的な補償案を午後、地元自治体に提示する方針を明らかにした。その上で、同意が得られれば、同日中にもワクチン接種を開始する意向を示した。
 補償案は、ワクチン接種で家畜を殺処分した場合、農家には家畜の時価相当額を補償し、殺処分するまでの飼育コストも支払う。経営再開までの生活支援も家畜の種類に応じた額を拠出するほか、処分した家畜を埋めるための経費を支援する。また、経営再開に向けての支援は、農協から農家に家畜を貸し出してもらう方式にする。 

【関連ニュース】
ワクチン接種、合意先送り=地元首長「納得できる補償を」
ワクチン使用判断へ=口蹄疫の感染拡大防止で
感染拡大防止策を検討=口蹄疫で専門家委開催
殺処分対象11万頭=宮崎県が非常事態宣言
おむつ処理に注意を=ポリオ予防接種、二次感染恐れ

コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)
<小惑星探査機>「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)
<小沢幹事長>再び不起訴処分、検察審が第2段階の審査へ(毎日新聞)
政府、口蹄疫総合対策を決定…費用300億円超(読売新聞)
北沢防衛相、23日にも訪米で最終調整(読売新聞)

<日中韓外相会談>軍艦沈没「調査見守り」(毎日新聞)

 【慶州・吉永康朗】日本、中国、韓国3カ国の外相会談が15日午後、韓国・慶州で開かれ、北朝鮮が関与した疑惑が強まる韓国海軍哨戒艦の沈没事件について、真相解明に向けた合同調査の結果が韓国側から20日に発表されるのを冷静に見守るべきだとの立場で一致した。

 会談は今月末に韓国・済州(チェジュ)島で開かれる日中韓首脳会談の準備会合。岡田克也外相、中国の楊潔※外相、韓国の柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商相が出席した。

 岡田外相は会談後、記者団に「北朝鮮の関与が明らかになれば、何事もなかったかのように(核問題をめぐる)6カ国協議を開くことにはならない」と述べた。また外相は、北朝鮮の関与を仮定に議論を進めるかどうかで日韓両国と中国の間で温度差があったことも明らかにした。

 このほか会談では、3カ国で将来の自由貿易協定(FTA)に向けた共同研究や環境対策、大学間交流における協力を促進することで一致したとみられる。

 ※は、竹かんむりに褫のつくり

悲惨…収容所の日本人妻 脱北者が証言 縁故なければ人間扱いされず(産経新聞)
「お経を上げるため」奈良・東大寺の法具盗む(読売新聞)
バス炎上事故、機転の脱出・勇気の救助(読売新聞)
<訃報>細野達也さん80歳=元NHK理事(毎日新聞)
中小企業憲章の原案公表=経産省(時事通信)

<起訴相当議決>「親小沢」閣僚も「説明を」(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が、政治資金規正法違反事件で検察審査会から「起訴相当」の議決を受けたことに対し、30日の閣議後会見で、これまで発言を控えていた菅直人副総理兼財務相や赤松広隆農相ら小沢氏と関係が良好な閣僚からも小沢氏へ説明責任を果たすよう求める声が相次いだ。参院選が近づき対応を促さざるを得なくなった形で、影響は日々、深刻さを増している。【須藤孝】

 菅氏はこの日「国民が納得する状況ではない。小沢幹事長ご本人がもう少し国民に説明をされることが必要だ」と注文を付けた。小沢氏を支える旧社会党グループの一員である赤松農相も検察審査会の議決が全員一致だったことを念頭に「これだけ全員が言っているならどうするか」と踏み込んだ。

 前原誠司国土交通相や枝野幸男行政刷新担当相ら、小沢氏批判を繰り返してきた「非小沢系」議員以外からも声が上がり始めたのは、参院選を目前に内閣支持率の低迷が続き、危険水域とされる20%割れも目前となっているからだ。

 党内の焦燥感は高まっている。週末にミニ集会を繰り返している衆院議員は「ほとんど毎回罵声(ばせい)を浴びせられるが説明できず、精神的につらい」とこぼす。

 だが、菅氏らも前原氏らも「口先介入」以上の行動に出る気配は今のところない。仙谷由人国家戦略担当相は30日の会見で「本人と首相の2人で判断すること」とゲタを預けてしまった。

 首相は30日夜、首相官邸で記者団に「(検察審査会の議決は)参院選には影響はあると考えるべきだ」との認識を示したが、小沢氏を続投させる判断については「変わりはない」と述べた。

【関連ニュース】
前原国交相:小沢幹事長続投「参院選に影響」 辞任促す
小沢幹事長:「辞めるべきだ」83.8% 共同通信調査
共産党:「小沢氏の証人喚問求めていく」市田書記局長
社民党:国会で小沢氏は説明を 重野幹事長
鳩山首相:小沢幹事長の続投支持を表明

訃報 阪神、大毎で活躍の田宮謙次郎さん=82歳(毎日新聞)
抗がん剤「アービタックス」で因果関係否定できない死亡が2例(医療介護CBニュース)
普天間移設 首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
「涼宮ハルヒ」の舞台モデル ファン巡礼 高校憂鬱(産経新聞)
首相動静(5月1日)(時事通信)

<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火後、運航を取りやめていた欧州便のうち成田発ミラノ行きのアリタリア航空機は19日昼、離陸した。18日は運休していた。モスクワ行きアエロフロート航空機は前日に続き、運航した。

 しかし、19日午前のオーストリア航空ウィーン行きは飛行可能として乗客の搭乗手続きをいったん受け付けたが、出発直前に急きょ運航が中止になるなど混乱が続いている。

官房長官との面会、徳之島3町長が拒否(読売新聞)
<織田信成選手>婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
<雑記帳>高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)
将棋 羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)

支援法違憲訴訟 大阪も和解(産経新聞)

 国と原告側が終結に合意していた障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、大阪府の男女11人の障害者が国に負担の免除などを求めた訴訟の口頭弁論が20日、大阪地裁(吉田徹裁判長)であり、和解が成立した。さいたま、奈良、旭川各地裁などに続き13例目。弁護団によると、21日に東京地裁でも和解が成立する見込みで、全国の訴訟が終結するという。

渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」(産経新聞)
<石巻2人刺殺>17歳少年を逆送…仙台家裁決定(毎日新聞)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
東北新幹線 八戸−新青森駅間で走行試験(毎日新聞)
9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)

熊本県知事が水俣病未認定患者救済で謝意(産経新聞)

 熊本県の蒲島郁夫知事は7日、環境省を訪れ、小沢鋭仁環境相に水俣病未認定患者救済への国の取り組みに謝意を示し、「国、県と一体となって立派な解決としたい」と述べた。

 小沢環境相は「(水俣病慰霊式のある)5月1日を目標に、県に迷惑がかからないよう、来週中くらいには対応が決まるようにやりたい」と応じた。

早朝、大阪・豊中でコンビニ強盗(産経新聞)
大学生に聞く、老後の頼りは年金か貯蓄か
大学入試センター、民営化を検討=研究開発独法は整理統合−仕分け第2弾・枝野氏(時事通信)
<益川塾>京都産業大で初の入塾式 「切磋琢磨を」と激励(毎日新聞)
大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
2ショットチャット
競馬サイト
探偵社
自己破産
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
携帯ホームページ
探偵
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM